ちゅらトゥースの配合成分とその効果

ちゅらトゥースで自宅で簡単ホワイトニング!

 

歯の黄ばみや汚れが気になる方に良い評判の薬用ちゅらトゥースホワイトニングです。その良さの秘密は配合成分の良さにあります。
今回は、最近話題のちゅらトゥースの配合成分やその効果についてお話します。

 

 

黄ばみを落とすポリアスパラギン酸

一つ目はポリアスパラギン酸(PAA)です。ポリアスパラギン酸は、歯の黄ばみの原因となるタンパク質を凝固して、除去する働きがあります。歯の黄ばみは、毎日の食事やコーヒ、紅茶、紅茶、お茶などの飲み物や、タバコ、加齢などにさまざまな要因で汚れ歯の表面に付着し、取れなくなってしまします。それをしっかりと捕まえて、包み込みはがれ落としてくれるのがポリアスパラギン酸です。歯磨きでは落としきれない頑固な汚れにも効果があり、汚れを“浮かせて”“剥がして”“落とす”のポリアスパラギン酸の効果です。

 

汚れに対策するリンゴ酸とビタミンC

二つ目はリンゴ酸とビタミンCです。リンゴ酸は、リンゴ内に含まれる酸味の成分です。天然由来成分の体にも良いので、美容や健康対策にも人気の成分です。デンタルケアでは、落とした汚れが再び歯に付着しないようにして、白い歯を保つのに有功です。

そしてビタミンCは、果物や野菜などにも含まれる成分で、歯の汚れを取り除く効果があります。ビタミンCは、歯だけではなく歯ぐきにも良い効果があります。ビタミンCは、歯周病ケアにも活用されていて、歯周病の原因となるコラーゲン繊維の破壊を再生することに効果があります。ビタミンCは、歯や歯ぐきのトータルケア最適です。

 

新成分GTOでむし歯予防もできる

三つ目は新成分GTOです。GTOは、ウーロン茶抽出物とポップエキスから作られた注目の新成分です。むし歯は、歯の表層にミュータンス菌が付着して、むし歯菌を産生する酵素により不溶性多糖が生成されると、口腔内細菌が付着して歯垢内部での醗酵、脱灰し、歯のエナメル質が溶けることにより起こります。GTOには、むし歯の発生の元となるGTse(不溶性多糖類合成酵素)の生成を防ぐ働きがあります。

さらに薬用ちゅらトゥースホワイトニングには、歯ぐきの腫れ、炎症を抑えるアラントインや口臭予防に良いシメン・5オールが配合されていますので歯ぐきケアや口臭予防にも効果があります。

 

まとめ

このように薬用ちゅらトゥースホワイトニングには、トータルオーラルケアができる有効成分が配合されていますので、ホワイトニングにはもちろん、むし歯や口臭予防、さらには歯ぐきのトラブルや歯肉炎に効果があります。

 

 

ちゅらトゥースで自宅で簡単ホワイトニング!