歯の黄ばみの原因知ってる?

ちゅらトゥースで自宅で簡単ホワイトニング!

 

の黄ばみは、第一印象を左右する大切なことがらです。歯が黄ばんでいると不健康で不潔な印象を持たれ、年齢より老けて見えたり、女性なら肌がくすんで見えたりすることもあります。
今回はこのような黄ばみの原因についてお話します。実はあなたの生活習慣が黄ばみを招いているのかもしれません。

そもそも黄ばみって何?

黄ばみは、歯の表面のエナメル質とその内側にある象牙質によって決まってきます。象牙質は、本来は乳白色なのですが、生まれつき色の薄い白っぽい色の人もいれば、色が濃い人もいます。生まれつき歯の色が濃い人は、やや黄ばんだ印象に見えます。またエナメル質の透明度や厚さも、象牙質の色の見え方に影響します。日本人は欧米人に比べてエナメル質が薄いので黄ばみが目立ちやすいとも言われています。このように生まれつきの歯の色が濃く黄ばんで見える理由以外に、次のような理由もあります。

 

食事や飲み物による黄ばみ

毎日の食事や飲み物の影響で歯に色がついたり、汚れが溜まって歯が黄ばむことがあります。食べ物や飲み物の色素や成分が歯を着色したり、歯の色を変化させます。色素が強い食べ物のカレーやミートソースなど、タニンやカテキンが入った飲み物のコーヒーや紅茶、お茶など、ポロフェノールが入った食品の赤ワインなどが影響します。そしてこれらを日常的に食べたり飲んだりすることが歯の着色や変色を招き、やがて黄ばみへと繋がります。

 

タバコの影響による黄ばみ

最近はタバコを吸われる方も多です。実はタバコは特に酷い歯の黄ばみの原因となります。タバコのヤニが、歯に付着すると歯に汚れが付きやすくなり、歯磨きでも取りにくいです。タバコのヤニは臭いもきついので口臭も出やすく、ますます不健康な印象となります。

 

加齢による黄ばみ

そしてもう一つは加齢による黄ばみです。歯もお肌と同じように老化するものです。若い頃よりも歯が黄色っぽく見えるのは、加齢のために歯のエナメル質の色が薄くなり、象牙質の色が目立つようになるからです。そして年齢とともに歯や歯ぐきの状態が悪くなると、歯に汚れが溜まりやすくなり磨き残しも起こしやすくなります。

 

むし歯による黄ばみ

さらにむし歯も歯の黄ばみの原因となります。むし歯でのエナメル質が溶けると、象牙の色が表れやすくなります。そして度々のむし歯治療により、歯ももろくなり、歯の健康状態も悪化します。すると栄養が行きわたらず、結果歯の変色がみられるようになります。

 

 

 

ちゅらトゥースで自宅で簡単ホワイトニング!